第61回 山陰古寺巡りのたびに参加して

この度の「古寺巡りの旅」は、十月三十一日羽田空港を十時三十五分離陸し、順調に飛行をして鳥取空港へ、空港より一畑観光バスで一路「三佛寺」様へ向かいました。途中県道にある「投入堂逍拝所」で遠く山の中腹にある投入堂をお参りしました。

 

このお堂は、誰がどのようにして建立したのかは、未だ不明で謎に包まれており、日本一危険な国宝との事です。三佛寺様では会員でもある奥様が、県道まで私たちを出迎えお寺へご案内して頂きました。

米田ご住職様から三佛寺のご説明又心のこもったご接待をして頂き、次に本堂へお詣りに参りました。途中石段を上がったところの「宝物館」前では前日「柴護摩」法要が行われたとの事で、跡が残っておりました。その周りには色々な表情をした石仏が数多くご住職様に似ているような石像もありました。手作りの「水琴窟」の音を聞きながら本堂へ上がり内陣には葵の御紋のつた立派な宮殿にご本尊様がお祀りされており、その本尊様からご縁を結ぶ五色の糸が外陣に下がり、それに触れ思いを念じお詣りをしました。

 

三佛寺様は岩山や急勾配を利用して数多くの堂宇が建てられています。ここから「投入堂」へは大変危険なためお詣りする人は草履に履き替えて登らなければならないとの事でした。この広い境内を維持管理は大変で有ろうと感じました。

お詣りを終えて古き良き温泉街の佇まいの三朝温泉の宿に入りました。ご住職様には夜は宿で「文化講座」を御願いし、ユーモア溢れる講演を堪能することができました。

温泉につかり開放感と温泉効果でユックリと
休むことが出来ました。

 

二日目、天候に恵まれ「大山寺」様に向かう、木々も紅葉がはじまり、大山もスッキリと美しい姿を見せて、私たちを迎えてくれた。

前日米田ご住職のお計らいで「大山寺」様の塔頭の非公開になっている「阿弥陀堂」を拝観することが出来ました。木造阿弥陀如来座像は丈六佛。光背も大変珍しく大日如来を中央に左右五体の飛天が配置されて、昔の豊かな経済力が伺われ、金箔の状態も良く大切に保存されている事を物語っていました。

「大山寺」様では本堂で、ご住職様がお待ちなっておられ、大変珍しい「地蔵菩薩」様をお詣りさせて頂きました。

仏様をお詣りするたびに、この「佛婦研修旅行」の有り難さを痛感いたします。

 

名残尽きませんが「大山寺」を後に白漆喰壁に焼杉の腰板、小さな石橋が随所に架かる倉吉を通って昼食は米子でフランス料理を頂き、次に「足立美術館」を見学、美しい庭園・横山大観の絵などを拝見し又、違った勉強をして、「寿立庵」では松江ならではのお茶を一服いただき静かな一時を楽しみました。

次にあじさいの名所であり松平家菩提寺の「月照寺」様へは夕方になってしまいましたが、「電電の碑」「松平家代々のお墓」松江の人々に豊かな文化を遺された「不味公のお墓」等をお詣りして二泊目には美肌の湯で有名な「玉造温泉」へ向かいました。途中暮れなずむ「宍道湖」の夕映えは印象的でした。

 

三日目は、この地方で紅葉の名所で有ります「鰐淵寺」様に参りました。紅葉は少し早かったのですが、「四季桜」が満開で私たちを迎えてくれました。石段を登り本堂へ向かい、お詣りさせて頂きました。ご本尊様は「薬師如来」様と「千手観音菩薩」様で両本尊様はあまり見かけません、これも古い因縁によるものだと伺いました。ここも、広い境内で維持管理するのは大変であろうと感じました。次はいよいよ「出雲大社」様です。

松並木の参道は風格にとむ古木。銅製の鳥居・注連縄のスケールの大きさに目を見張りました。現在は「平成の大遷宮」の最中で仮殿での正式参拝を致しました。その後、特別に工事中の大屋根の所までご案内下さって、色々と説明を聞かせて頂き、屋根の優美な曲線、その大きさ、細かい工程・先人から受け継がれている技術工法等関心の連続です。

六十年に一度の遷宮工事に出会え、お詣り出来たのもご縁があったものと幸せに思いました。昼食には「割子そば」を頂いて、最後に「一畑寺」様へ参りました。帰りの飛行機の関係でユックリとお詣りが出来ずご本尊様へ「ご真言」をお唱えして帰路につくことになり残念でした。

 

出雲空港を十六時二十分に離陸羽田空港に着陸しました。全員無事に帰京出来たのも仏様のご加護の賜と感謝致し「古寺巡りの旅」は有意義に終了致しました。細かい所まで気配りいただき、楽しい旅が出来ました事はお参りさせて頂いたご寺院様」・出雲大社様はじめ理事長様・事務局様・近畿日本ツーリストの山崎様・ご一緒させて頂いた皆様方・お留守居の方々のお陰と心より御礼申し上げます。

本当に有り難う御座いました。

合掌

鈴木トヨ子

 

IMG_0001.JPG

 

 

IMG_0002.JPG

 

運営スタッフ文化講座レポート2011-12-08 12:13:40