成道会に参加して                 

 

成道会に参加して
湯浅正江
12月2日(火)有楽町マリオン朝日ホールで、東京都仏教会主催全日本仏教婦人連盟後援による成道会が開催されました。
都内のご住職方や檀信徒の皆様約800名参加のもと、上野輪王寺門跡ご門主、神田秀順会長猊下を御導師に成道会法要が厳かに行われ、当連盟より献燈・献華・献香に参加させていただきました。
続いて一部の講演会では、玄侑宗久師の?「不二の法門」―直感に従う勇気をもつー?のテーマのもと、「直観力を大切にしよう」「無意識の無心が一番尊い」というお話があり、二部はインドから来日された二人の、シタールよりもっと古い楽器サーランギーの演奏がありました。この合奏音は人の声に一番近いとのことで、インドの伝統楽曲と日本の歌が演奏されました。三部では舞台監督でもある俳優の渡辺えり師が、出身地東日本震災地での舞台公演の想いを30分間、パワフルにご講演されました。父方祖父が僧侶でいらっしゃったことをお聞きし、テレビなどでご活躍の師をより身近にご縁を感じました。
お釈迦様が成道された記念の日にこの式典に参加をして心が豊かになり、とても意義のある一日となりました。

 

001.jpg

 

12月2日(火)有楽町マリオン朝日ホールで、
東京都仏教会主催全日本仏教婦人連盟後援による
成道会が開催されました。

都内のご住職方や檀信徒の皆様約800名参加のもと、
上野輪王寺門跡ご門主、神田秀順会長猊下を御導師に
成道会法要が厳かに行われ、当連盟より献燈・献華・献香に
参加させていただきました。

続いて一部の講演会では、玄侑宗久師の
?「不二の法門」―直感に従う勇気をもつー?のテーマのもと、
「直観力を大切にしよう」「無意識の無心が一番尊い」
というお話があり、二部はインドから来日された二人の、
シタールよりもっと古い楽器サーランギーの演奏がありました。
この合奏音は人の声に一番近いとのことで、
インドの伝統楽曲と日本の歌が演奏されました。
三部では舞台監督でもある俳優の渡辺えり師が、
出身地東日本震災地での舞台公演の想いを30分間、
パワフルにご講演されました。
父方祖父が僧侶でいらっしゃったことをお聞きし、
テレビなどでご活躍の師をより身近にご縁を感じました。

お釈迦様が成道された記念の日にこの式典に参加をして
心が豊かになり、とても意義のある一日となりました。

 

運営スタッフ活動報告2014-12-02 11:22:18