第87回文化講座 「お抹茶のいただき方」

 

第87回文化講座 「お抹茶のいただき方」
1月21日(水)午後2時
「お抹茶のいただき方」を当連盟常務理事の岩脇孝子・
松井百合子両姉の指導のもと、30名の参加者は
お茶のお点前の体験を含め、美味しいお茶とお菓子を
十分に堪能しました。
〇 お茶をいただくための持ち物及び水屋での準備
1 懐紙、楊枝、拭くさ、扇子を数寄屋袋の中へ
2 抹茶を茶こしきでこす(点てたときだまにならないために)
3 黒文字を水に浸けておく(お菓子が食べやすいために)
〇 お茶室の入り方
1 お茶室に入るときは、後の方に(お先に)のご挨拶をし、
敷居手前に扇子の要が右に向くように置き、
お辞儀をし扇子をもち畳の縁を踏まないように席に置く
(席に着く前に、床の間などの拝見がある場合があります。
その時は扇子を置く)
〇 お茶のいただき方
1 お菓子が出てきてお点前がはじまります
2 お菓子をどうぞの言葉を受け、隣に挨拶をして懐紙に
お菓子をとる(楊枝または手で食べる)
3 お茶が運ばれてきてらお隣の方との間にお茶碗を置き、
(お先にのあいさつをして)お茶碗を自分の前に戻し
(頂戴しますと)挨拶をしてお茶碗をもち左手にのせ、
右手を添えて2回まわし、三口で飲み切ります。
飲み終わりましたら、飲み口を人差し指と親指で拭い、
指を懐紙でふく。お茶碗を手前から反対側に2回戻して置く。
〇 注意点
お茶室には、時計・指輪・アクセサリーなどはお道具を
傷つけますので身に着けては入れません。

 

IMG_0100.JPG

 

遅くなりましが文化講座の報告をさせて頂きます。

1月21日(水)午後2時

「お抹茶のいただき方」を当連盟常務理事の岩脇孝子・

松井百合子両姉の指導のもと、30名の参加者は

お茶のお点前の体験を含め、美味しいお茶とお菓子を

十分に堪能しました。

 

〇 お茶をいただくための持ち物及び水屋での準備

1 懐紙、楊枝、拭くさ、扇子を数寄屋袋の中へ

2 抹茶を茶こしきでこす(点てたときだまにならないために)

3 黒文字を水に浸けておく(お菓子が食べやすいために)

 

〇 お茶室の入り方

1 お茶室に入るときは、後の方に(お先に)のご挨拶をし、

敷居手前に扇子の要が右に向くように置き、

お辞儀をし扇子をもち畳の縁を踏まないように席に置く

(席に着く前に、床の間などの拝見がある場合があります。

その時は扇子を置く)

 

〇 お茶のいただき方

1 お菓子が出てきてお点前がはじまります

2 お菓子をどうぞの言葉を受け、隣に挨拶をして懐紙に

お菓子をとる(楊枝または手で食べる)

3 お茶が運ばれてきてらお隣の方との間にお茶碗を置き、

(お先にのあいさつをして)お茶碗を自分の前に戻し

(頂戴しますと)挨拶をしてお茶碗をもち左手にのせ、

右手を添えて2回まわし、三口で飲み切ります。

飲み終わりましたら、飲み口を人差し指と親指で拭い、

指を懐紙でふく。お茶碗を手前から反対側に2回戻して置く。

 

〇 注意点

お茶室には、時計・指輪・アクセサリーなどはお道具を

傷つけますので身に着けては入れません。

 

運営スタッフ文化講座レポート2015-07-30 00:03:59

ネパール支援報告

 

「4月25日にネパールで、大地震が起こりました。ネパールにはお釈迦さまのお生まれになったルンビニーがございます。テレビなどでその被害惨状につきまして逐次報道されておりますが、現地に行っている支援団体などの報告によりますと、時を経るにつけ益々その深刻さは増しています。
つきましては私たち連盟も少しでも、ネパールの被災者の方々のお役に立ちたく、皆さまに義援金のご協力をお願い申し上げます。雨季に入る6月が近づき、できるだけ早い支援が必要とされております。お預かりする義援金は、当連盟の災害救援資金とともにネパールに直接お届けいたします。」
と義援金のご協力をお願いしましたところ、たくさんの方々のご協力をいただきました。
6月15日現在、義援金は203万円にもなり、連盟で日頃皆様からお預かりいたしております「心の募金」の20万円とともに、ネパールの「首相災害救援基金」という口座に直接振込させていただきました。
皆様の浄財、義援金が、真にネパールの被災者の方々のために使われるように願い、そのために救援活動等でご多忙な、ネパールの「ルンビニ―ホテル笠井」の笠井さま始めスタッフの皆さまのご尽力をいただきました。本当にありがとうございました。
またご協力をいただきました皆さまのご厚意に深く感謝いたしますとともに、ネパールの早期復興を心からお祈りいたしております。

 

nepal.jpg

 

「4月25日にネパールで、大地震が起こりました。

ネパールにはお釈迦さまのお生まれになった

ルンビニーがございます。

テレビなどでその被害惨状につきまして

逐次報道されておりますが、現地に行っている

支援団体などの報告によりますと、

時を経るにつけ益々その深刻さは増しています。

つきましては私たち連盟も少しでも、

ネパールの被災者の方々のお役に立ちたく、

皆さまに義援金のご協力をお願い申し上げます。

雨季に入る6月が近づき、できるだけ早い支援が

必要とされております。

お預かりする義援金は、当連盟の災害救援資金とともに

ネパールに直接お届けいたします。」

と義援金のご協力をお願いしましたところ、

たくさんの方々のご協力をいただきました。

 

6月15日現在、義援金は203万円にもなり、

連盟で日頃皆様からお預かりいたしております

「心の募金」の20万円とともに、ネパールの「首相災害救援基金」

という口座に直接振込させていただきました。

皆様の浄財、義援金が、真にネパールの被災者の方々のために

使われるように願い、そのために救援活動等でご多忙な、

ネパールの「ルンビニ―ホテル笠井」の笠井さま始めスタッフの

皆さまのご尽力をいただきました。本当にありがとうございました。

またご協力をいただきました皆さまのご厚意に深く

感謝いたしますとともに、

ネパールの早期復興を心からお祈りいたしております。

 

運営スタッフ活動報告2015-07-21 23:42:46

花の種運動

 

 

hananotaneunndou-.png

 

 

3月のお彼岸そして4月には各地で花まつりの行事があります。

16年度から始めた花の種運動ですが、
リーフレットのデザインを新しくして、環境問題としての
「水」をテーマに取り組み今回は種を付けて配布いたしました。

 

感想等のご意見が多く寄せられこの運動の
励みになりましたので一部ご紹介いたします。

 

「改めて水のことを知りました。もっと知りたいですね。」

 

「活発な活動を期待し、皆の心にも花が咲きますことを祈って」

 

「仏教会の花まつり行事に参加した園児父兄が喜んでおります。」

 

「ある絵本を読み聞かせしたところ、園児たちが種をまいて
植物を育てることに関心を持っています。」

 

花の種が広まりどの町に花が育ち咲いたか
皆さんの笑顔が見たいですね。

 

花が咲いた写真などお送りください、
お待ちしております。(事務局)

 

運営スタッフお知らせ2015-07-05 23:21:36