第92回文化講座 「彫ることは祈ること」講師 山? 龍雲

 

講師 山? 龍雲
9月16日(水)山?龍雲大仏師を講師にお迎えして文化講座が開催されました。
先生は、昭和23年に香川県に生まれ20歳のときに父である仏師山?松雲先生に師事し、仏像彫刻の道に入られ、現在は、兵庫県の大本山須磨寺に工房を持ち全国寺院に仏像を納めていらっしゃいます。
仏像彫刻は、仏教が日本に伝えられて以来1,400年以上も作り続けられていますが、これは我が国で良質の木材が素材として用いられることが長い間伝えられてきた要因ともいわれており、現在は、仏像の好きな人、彫刻の好きな人がいつでも仏像彫刻をすることができる環境になってきているそうです。
先生は、師匠である松雲先生から、「仏像は入れ物だ。姿形だけでなく中に入る気持ちが素晴らしくなくてはならない。仏像の彫刻は技術だけでなく「一刀三礼」(仏像を彫刻するときに一刻みするごとに三度礼拝すること)である。」と教えられ、一緒に仕事をした10年間で精神面での多くのことを学んだそうです。
そして、先生は、「仏像は木の中に仏様が眠っている。一体の仏像を彫ることは世の中のすべてのことを教えてもらっているような気がする」と仰り、若いころから旅することが多く大きな遺跡を訪ねると「メッセージを残そう、仏師は間違いのないメッセージを伝えることが大事である」とこれまで仕事をされてこられたそうです。
また、講演の中では、大阪市にある高野山真言宗の寺院「どんどろ大師 善福寺」の弘法大師をお造りになった際のエピソードが羅針盤のようにご自身の方向性を導いてくれたとお話されたことが大変印象的でした。
ユーモアを交えた先生のご講演は、大変楽しく有意義なものであり先生に感謝申し上げます。
                     合 掌

 

9月16日(水)山?龍雲大仏師を講師にお迎えして
文化講座が開催されました。

先生は、昭和23年に香川県に生まれ20歳のときに
父である仏師山?松雲先生に師事し、仏像彫刻の道に入られ、
現在は、兵庫県の大本山須磨寺に工房を持ち全国寺院に
仏像を納めていらっしゃいます。

仏像彫刻は、仏教が日本に伝えられて以来1,400年以上も
作り続けられていますが、これは我が国で良質の木材が
素材として用いられることが長い間伝えられてきた
要因ともいわれており、現在は、仏像の好きな人、
彫刻の好きな人がいつでも仏像彫刻をすることが
できる環境になってきているそうです。

先生は、師匠である松雲先生から、
「仏像は入れ物だ。姿形だけでなく中に入る気持ちが
素晴らしくなくてはならない。
仏像の彫刻は技術だけでなく「一刀三礼」
(仏像を彫刻するときに一刻みするごとに三度礼拝すること
)である。」と教えられ、一緒に仕事をした10年間で精神面
での多くのことを学んだそうです。

そして、先生は、「仏像は木の中に仏様が眠っている。
一体の仏像を彫ることは世の中のすべてのことを
教えてもらっているような気がする」と仰り、
若いころから旅することが多く大きな遺跡を訪ねると
「メッセージを残そう、仏師は間違いのないメッセージを
伝えることが大事である」とこれまで
仕事をされてこられたそうです。

また、講演の中では、大阪市にある高野山真言宗の寺院
「どんどろ大師 善福寺」の弘法大師をお造りになった際の
エピソードが羅針盤のようにご自身の方向性を導いてくれたと
お話されたことが大変印象的でした。

ユーモアを交えた先生のご講演は、
大変楽しく有意義なものであり先生に感謝申し上げます。

                     合 掌

 

運営スタッフ活動報告2015-10-18 16:13:36