第六十二回公益社団法人 全日本仏教婦人連盟大会

 

10月26日(月)東京千代田区のザ・キャピトル東急で第62回大会がご来賓、会員100余名の参加をいただき、開催された。
第一部では、本年は戦後70年の節目にあたり、初めに東京大空襲や長崎の原爆による甚大な被害のDVDが上映された。その映像は戦争の悲惨さをまた犠牲者の無念を想い、参加者の心に深く刻むものであった。その後、御導師名誉会長鷹司誓玉台下、式衆公益財団法人全日本仏教尼僧法団のもと、厳粛に慰霊法要がとり行われ、暗く悲しい心が和らぎ、平和を祈る想いが会場を包んだ。御垂示、会長挨拶、ご来賓の祝辞に続き、インド・光明施療院を支援することを目的に集められた27年度写経1500巻が(公財)国際仏教興隆協会に贈呈された。
林恵智子顧問が、戦後70年を機に戦争体験の詩の公募があり、幼少期の想いを綴って「たに ともこ」というペンネームで応募した「声なき声」という詩の朗読をした。
第二部に移り、末廣理事長が戦争犠牲者への哀悼の念を表すとともに、科学が想像以上に発達し、予測することができない未来に向けて、今こそ仏教界が力を合わせていく必要があるのではと訴えた。前(公財)全日本仏教会理事長の小林正道師の乾杯のご発声で懇親会が進み、ご来賓からもたくさんの感想をいただいた。それぞれの戦争体験や思いを静かに語られ、戦争が忘れ去られてしまうのではないかという懸念が払拭された。
恒例の募金のご協力をいただき、常日頃皆様からお預かりしている心の募金と合わせて、20万円を9月の関東・東北豪雨の支援活動に邁進している被災地NGO協働センターの頼政良太代表に贈呈した。頼政代表は泥だし作業の困難さと未だに不自由な生活を強いられている方々の現状を報告した。
最後に篠田理事長より謝辞とあわせて連盟の活動の報告がされ、被災した後漸く復興し、美味しい味噌づくりに励んでいる、石巻の「(株)高砂長寿味噌本舗」のお味噌をお土産としてお渡しした。

 

IMG_2426.JPG

10月26日(月)東京千代田区のザ・キャピトル東急で
第62回大会がご来賓、会員100余名の参加をいただき、
開催された。

 

第一部では、本年は戦後70年の節目にあたり、
初めに東京大空襲や長崎の原爆による甚大な被害の
DVDが上映された。
その映像は戦争の悲惨さをまた犠牲者の無念を想い、
参加者の心に深く刻むものであった。
その後、御導師名誉会長鷹司誓玉台下、
式衆公益財団法人全日本仏教尼僧法団のもと、
厳粛に慰霊法要がとり行われ、暗く悲しい心が和らぎ、
平和を祈る想いが会場を包んだ。御垂示、会長挨拶、
ご来賓の祝辞に続き、インド・光明施療院を支援
することを目的に集められた27年度写経1500巻が
(公財)国際仏教興隆協会に贈呈された。

 

スナップショット 11 (2015-12-04 20-44).png

 

林恵智子顧問が、戦後70年を機に戦争体験の
詩の公募があり、幼少期の想いを綴って
「たに ともこ」というペンネームで応募した
「声なき声」という詩の朗読をした。

第二部に移り、末廣理事長が戦争犠牲者への
哀悼の念を表すとともに、科学が想像以上に発達し、
予測することができない未来に向けて、今こそ仏教界が
力を合わせていく必要があるのではと訴えた。
前(公財)全日本仏教会理事長の小林正道師の
乾杯のご発声で懇親会が進み、ご来賓からもたくさんの
感想をいただいた。
それぞれの戦争体験や思いを静かに語られ、
戦争が忘れ去られてしまうのではないか
という懸念が払拭された。

 

IMG_2548.JPG

 

恒例の募金のご協力をいただき、常日頃皆様から
お預かりしている心の募金と合わせて、20万円を
9月の関東・東北豪雨の支援活動に邁進している
被災地NGO協働センターの頼政良太代表に贈呈した。
頼政代表は泥だし作業の困難さと未だに不自由な生活を
強いられている方々の現状を報告した。

最後に篠田理事長より謝辞とあわせて連盟の活動の報告がされ、
被災した後漸く復興し、美味しい味噌づくりに励んでいる、
石巻の「(株)高砂長寿味噌本舗」のお味噌をお土産としてお渡しした。

 

運営スタッフ行事報告2015-11-18 16:50:09