成道会に参加して                 

 

平成二十七年
成道会に参加して
長尾節子
十二月三日(木)有楽町マリオン朝日ホールで、東京都仏教連合会主催、全日本仏教婦人連盟後援による成道会が開催されました。
あいにくの雨模様の中、都内のご住職がたや檀信徒の皆さま約八00名参加のもと、大本山増上寺法主、八木季生会長台下をご導師に成道会法要が厳かに行われ、当連盟も献灯、献華、献香のお役を六名で勤めさせていただきました。
二部の講演会では、京都大原三千院門跡堀澤祖門猊下による「枠を破る」のテーマで二元相対の世界(色)、一元絶対の世界(空)、泥仏、泥を気にすることなく「仏」であることに重心を置いて生きる、枠を破ればすべてが一つであるとお話しされました。
三部では元大相撲小結舞の海秀平さんが「可能性への挑戦」と題して、相撲道へ入った時の苦労や相撲界の歴史、相撲が神事であることなどお話しをして、あっという間の一時間でした。
成道会に参加しお役を勤めさせていただいたことに感謝しております。

 

CIMG4957.JPG

 

 

十二月三日(木)有楽町マリオン朝日ホールで、
東京都仏教連合会主催、全日本仏教婦人連盟後援
による成道会が開催されました。

あいにくの雨模様の中、都内のご住職がたや
檀信徒の皆さま約八00名参加のもと、大本山増上寺法主、
八木季生会長台下をご導師に成道会法要が厳かに行われ、
当連盟も献灯、献華、献香のお役を六名で
勤めさせていただきました。

二部の講演会では、京都大原三千院門跡堀澤祖門猊下による
「枠を破る」のテーマで二元相対の世界(色)、
一元絶対の世界(空)、泥仏、泥を気にすることなく
「仏」であることに重心を置いて生きる、
枠を破ればすべてが一つであるとお話しされました。

三部では元大相撲小結舞の海秀平さんが
「可能性への挑戦」と題して、相撲道へ入った時の
苦労や相撲界の歴史、相撲が神事であることなどお話しをして、
あっという間の一時間でした。

成道会に参加しお役を勤めさせていただいたことに感謝しております。

 

運営スタッフ活動報告2015-12-30 17:22:07

第94回文化講座 浄土宗の青年僧と語らう 

 

平成27年11月18日(水)14:00より、2月に引き続き第2回目となる「青年僧と語らう」会を行いました。今回は浄土宗の僧侶の方々をお迎えし、講座参加者21名の皆さまと語り合っていただきました。
 会場は天台宗天王寺ではありましたが、本堂にて「浄土宗のおつとめ」によって法要が執り行われました。
 客殿に移動して、僧侶の方々ご紹介の後、戸松義晴、小川有閑、工藤量導、?瀬顕功の4師及び仏婦理事の浄土宗・日比野郁皓師を交えた語らいが始まりました。
 4つのグループでお話は進められ、参加者それぞれが日頃から持っている疑問(終活、お墓のことなど)、浄土宗の青年僧が積極的に行っている社会活動(ひとさじの会他)などについての話題に盛り上がり和やかに時が過ぎました。
 会の終盤では、僧侶の方々にそれぞれのグループでの話題について紹介していただき、参加者との忌憚のない語り合いに得るところがあったとのご感想も頂戴しました。
 最後に、ご参加下さっていた早稲田大学の丸山弘子先生に会の感想を、戸松師に会の総括を述べていただきました。そして、十念(10回のお念仏)をお唱えし終了しました。

平成27年11月18日(水)14:00より、2月に引き続き第2回目となる
「青年僧と語らう」会を行いました。
今回は浄土宗の僧侶の方々をお迎えし、
講座参加者21名の皆さまと語り合っていただきました。

 会場は天台宗天王寺ではありましたが、本堂にて
「浄土宗のおつとめ」によって法要が執り行われました。

 客殿に移動して、僧侶の方々ご紹介の後、
戸松義晴、小川有閑、工藤量導、?瀬顕功の4師及び
仏婦理事の浄土宗・日比野郁皓師を交えた語らいが始まりました。

 4つのグループでお話は進められ、参加者それぞれが
日頃から持っている疑問(終活、お墓のことなど)、
浄土宗の青年僧が積極的に行っている社会活動(ひとさじの会他)などに
ついての話題に盛り上がり和やかに時が過ぎました。

 会の終盤では、僧侶の方々にそれぞれのグループでの
話題について紹介していただき、参加者との忌憚のない
語り合いに得るところがあったとのご感想も頂戴しました。

 最後に、ご参加下さっていた早稲田大学の
丸山弘子先生に会の感想を、戸松師に会の総括を
述べていただきました。
そして、十念(10回のお念仏)をお唱えし終了しました。

 

運営スタッフ行事報告2015-12-02 16:30:41