成道会に参加して                 

 

平成二十七年
成道会に参加して
長尾節子
十二月三日(木)有楽町マリオン朝日ホールで、東京都仏教連合会主催、全日本仏教婦人連盟後援による成道会が開催されました。
あいにくの雨模様の中、都内のご住職がたや檀信徒の皆さま約八00名参加のもと、大本山増上寺法主、八木季生会長台下をご導師に成道会法要が厳かに行われ、当連盟も献灯、献華、献香のお役を六名で勤めさせていただきました。
二部の講演会では、京都大原三千院門跡堀澤祖門猊下による「枠を破る」のテーマで二元相対の世界(色)、一元絶対の世界(空)、泥仏、泥を気にすることなく「仏」であることに重心を置いて生きる、枠を破ればすべてが一つであるとお話しされました。
三部では元大相撲小結舞の海秀平さんが「可能性への挑戦」と題して、相撲道へ入った時の苦労や相撲界の歴史、相撲が神事であることなどお話しをして、あっという間の一時間でした。
成道会に参加しお役を勤めさせていただいたことに感謝しております。

 

CIMG4957.JPG

 

 

十二月三日(木)有楽町マリオン朝日ホールで、
東京都仏教連合会主催、全日本仏教婦人連盟後援
による成道会が開催されました。

あいにくの雨模様の中、都内のご住職がたや
檀信徒の皆さま約八00名参加のもと、大本山増上寺法主、
八木季生会長台下をご導師に成道会法要が厳かに行われ、
当連盟も献灯、献華、献香のお役を六名で
勤めさせていただきました。

二部の講演会では、京都大原三千院門跡堀澤祖門猊下による
「枠を破る」のテーマで二元相対の世界(色)、
一元絶対の世界(空)、泥仏、泥を気にすることなく
「仏」であることに重心を置いて生きる、
枠を破ればすべてが一つであるとお話しされました。

三部では元大相撲小結舞の海秀平さんが
「可能性への挑戦」と題して、相撲道へ入った時の
苦労や相撲界の歴史、相撲が神事であることなどお話しをして、
あっという間の一時間でした。

成道会に参加しお役を勤めさせていただいたことに感謝しております。

 

運営スタッフ活動報告2015-12-30 17:22:07

第94回文化講座 浄土宗の青年僧と語らう 

 

平成27年11月18日(水)14:00より、2月に引き続き第2回目となる「青年僧と語らう」会を行いました。今回は浄土宗の僧侶の方々をお迎えし、講座参加者21名の皆さまと語り合っていただきました。
 会場は天台宗天王寺ではありましたが、本堂にて「浄土宗のおつとめ」によって法要が執り行われました。
 客殿に移動して、僧侶の方々ご紹介の後、戸松義晴、小川有閑、工藤量導、?瀬顕功の4師及び仏婦理事の浄土宗・日比野郁皓師を交えた語らいが始まりました。
 4つのグループでお話は進められ、参加者それぞれが日頃から持っている疑問(終活、お墓のことなど)、浄土宗の青年僧が積極的に行っている社会活動(ひとさじの会他)などについての話題に盛り上がり和やかに時が過ぎました。
 会の終盤では、僧侶の方々にそれぞれのグループでの話題について紹介していただき、参加者との忌憚のない語り合いに得るところがあったとのご感想も頂戴しました。
 最後に、ご参加下さっていた早稲田大学の丸山弘子先生に会の感想を、戸松師に会の総括を述べていただきました。そして、十念(10回のお念仏)をお唱えし終了しました。

平成27年11月18日(水)14:00より、2月に引き続き第2回目となる
「青年僧と語らう」会を行いました。
今回は浄土宗の僧侶の方々をお迎えし、
講座参加者21名の皆さまと語り合っていただきました。

 会場は天台宗天王寺ではありましたが、本堂にて
「浄土宗のおつとめ」によって法要が執り行われました。

 客殿に移動して、僧侶の方々ご紹介の後、
戸松義晴、小川有閑、工藤量導、?瀬顕功の4師及び
仏婦理事の浄土宗・日比野郁皓師を交えた語らいが始まりました。

 4つのグループでお話は進められ、参加者それぞれが
日頃から持っている疑問(終活、お墓のことなど)、
浄土宗の青年僧が積極的に行っている社会活動(ひとさじの会他)などに
ついての話題に盛り上がり和やかに時が過ぎました。

 会の終盤では、僧侶の方々にそれぞれのグループでの
話題について紹介していただき、参加者との忌憚のない
語り合いに得るところがあったとのご感想も頂戴しました。

 最後に、ご参加下さっていた早稲田大学の
丸山弘子先生に会の感想を、戸松師に会の総括を
述べていただきました。
そして、十念(10回のお念仏)をお唱えし終了しました。

 

運営スタッフ行事報告2015-12-02 16:30:41

第六十二回公益社団法人 全日本仏教婦人連盟大会

 

10月26日(月)東京千代田区のザ・キャピトル東急で第62回大会がご来賓、会員100余名の参加をいただき、開催された。
第一部では、本年は戦後70年の節目にあたり、初めに東京大空襲や長崎の原爆による甚大な被害のDVDが上映された。その映像は戦争の悲惨さをまた犠牲者の無念を想い、参加者の心に深く刻むものであった。その後、御導師名誉会長鷹司誓玉台下、式衆公益財団法人全日本仏教尼僧法団のもと、厳粛に慰霊法要がとり行われ、暗く悲しい心が和らぎ、平和を祈る想いが会場を包んだ。御垂示、会長挨拶、ご来賓の祝辞に続き、インド・光明施療院を支援することを目的に集められた27年度写経1500巻が(公財)国際仏教興隆協会に贈呈された。
林恵智子顧問が、戦後70年を機に戦争体験の詩の公募があり、幼少期の想いを綴って「たに ともこ」というペンネームで応募した「声なき声」という詩の朗読をした。
第二部に移り、末廣理事長が戦争犠牲者への哀悼の念を表すとともに、科学が想像以上に発達し、予測することができない未来に向けて、今こそ仏教界が力を合わせていく必要があるのではと訴えた。前(公財)全日本仏教会理事長の小林正道師の乾杯のご発声で懇親会が進み、ご来賓からもたくさんの感想をいただいた。それぞれの戦争体験や思いを静かに語られ、戦争が忘れ去られてしまうのではないかという懸念が払拭された。
恒例の募金のご協力をいただき、常日頃皆様からお預かりしている心の募金と合わせて、20万円を9月の関東・東北豪雨の支援活動に邁進している被災地NGO協働センターの頼政良太代表に贈呈した。頼政代表は泥だし作業の困難さと未だに不自由な生活を強いられている方々の現状を報告した。
最後に篠田理事長より謝辞とあわせて連盟の活動の報告がされ、被災した後漸く復興し、美味しい味噌づくりに励んでいる、石巻の「(株)高砂長寿味噌本舗」のお味噌をお土産としてお渡しした。

 

IMG_2426.JPG

10月26日(月)東京千代田区のザ・キャピトル東急で
第62回大会がご来賓、会員100余名の参加をいただき、
開催された。

 

第一部では、本年は戦後70年の節目にあたり、
初めに東京大空襲や長崎の原爆による甚大な被害の
DVDが上映された。
その映像は戦争の悲惨さをまた犠牲者の無念を想い、
参加者の心に深く刻むものであった。
その後、御導師名誉会長鷹司誓玉台下、
式衆公益財団法人全日本仏教尼僧法団のもと、
厳粛に慰霊法要がとり行われ、暗く悲しい心が和らぎ、
平和を祈る想いが会場を包んだ。御垂示、会長挨拶、
ご来賓の祝辞に続き、インド・光明施療院を支援
することを目的に集められた27年度写経1500巻が
(公財)国際仏教興隆協会に贈呈された。

 

スナップショット 11 (2015-12-04 20-44).png

 

林恵智子顧問が、戦後70年を機に戦争体験の
詩の公募があり、幼少期の想いを綴って
「たに ともこ」というペンネームで応募した
「声なき声」という詩の朗読をした。

第二部に移り、末廣理事長が戦争犠牲者への
哀悼の念を表すとともに、科学が想像以上に発達し、
予測することができない未来に向けて、今こそ仏教界が
力を合わせていく必要があるのではと訴えた。
前(公財)全日本仏教会理事長の小林正道師の
乾杯のご発声で懇親会が進み、ご来賓からもたくさんの
感想をいただいた。
それぞれの戦争体験や思いを静かに語られ、
戦争が忘れ去られてしまうのではないか
という懸念が払拭された。

 

IMG_2548.JPG

 

恒例の募金のご協力をいただき、常日頃皆様から
お預かりしている心の募金と合わせて、20万円を
9月の関東・東北豪雨の支援活動に邁進している
被災地NGO協働センターの頼政良太代表に贈呈した。
頼政代表は泥だし作業の困難さと未だに不自由な生活を
強いられている方々の現状を報告した。

最後に篠田理事長より謝辞とあわせて連盟の活動の報告がされ、
被災した後漸く復興し、美味しい味噌づくりに励んでいる、
石巻の「(株)高砂長寿味噌本舗」のお味噌をお土産としてお渡しした。

 

運営スタッフ行事報告2015-11-18 16:50:09

東日本仮設訪問(釜石)

 

東日本仮設訪問(釜石)
9月28日(月)、理事長と事務局2名で岩手県釜石駅からタクシーに乗り、工事用のトラックが行き交うまだまだ復興途中の風景、そして穏やかな海、4年前の事が想像できないとそんなことを考え眺めているうちに、「はまなすの会」のみなさんが住んでいる箱崎仮設住宅に到着しました。震災直後の風景とは変わり、港は整備されておりましたが、まだまだ手の届いていない地区もありました。
東日本大震災からまけないぞうの作り手さんとして、また昨年は、鈴鉦置きや袋物を作っていただくなど交流を持っているグループです。現在は5人のメンバーですが、当日は代表の佐々木さんとお二人の方が迎えて下さいました。
佐々木さん手料理のちらしずし、サンマ汁などを囲み、震災の事またそれ以前のチリ地震、十勝沖地震の事を昨日の出来事のようにそしてその時とは状況が違い、今までになかった災害だったと口を揃えて話され、私たちはただうなずいて聴いておりました。
しかしながら、自分の故郷を去ることはできない。その心の奥には、この地を離れないのは娘さんが帰るふるさとが無くなる。また、自身が数年後に戻った時の状況に落胆するよりは、この地で家庭菜園や花を育て、手芸を楽しみに一生懸命生活していると、力強い言葉で
話されました。「前向きに生きているのですよ」との言葉が忘れられません。
また、手芸の話になると話が尽きなくなり手作りの作品を見せて頂きました。
あっという間の短い時間の訪問でしたが、本当に明るく、生き生きしている姿にこちらが元気づけられたような気持で釜石を後にしました。           (事務局)

東日本仮設訪問(釜石)

9月28日(月)、理事長と事務局2名で岩手県釜石駅から
タクシーに乗り、工事用のトラックが行き交うまだまだ
復興途中の風景、そして穏やかな海、4年前の事が想像できないと
そんなことを考え眺めているうちに、「はまなすの会」の
みなさんが住んでいる箱崎仮設住宅に到着しました。
震災直後の風景とは変わり、港は整備されておりましたが、
まだまだ手の届いていない地区もありました。

東日本大震災からまけないぞうの作り手さんとして、
また昨年は、鈴鉦置きや袋物を作っていただくなど
交流を持っているグループです。
現在は5人のメンバーですが、当日は代表の佐々木さんと
お二人の方が迎えて下さいました。

佐々木さん手料理のちらしずし、サンマ汁などを囲み、
震災の事またそれ以前のチリ地震、十勝沖地震の事を昨日の
出来事のようにそしてその時とは状況が違い、
今までになかった災害だったと口を揃えて話され、
私たちはただうなずいて聴いておりました。

しかしながら、自分の故郷を去ることはできない。
その心の奥には、この地を離れないのは娘さんが帰るふるさとが無くなる。
また、自身が数年後に戻った時の状況に落胆するよりは、
この地で家庭菜園や花を育て、手芸を楽しみに
一生懸命生活していると、力強い言葉で話されました。
「前向きに生きているのですよ」との言葉が忘れられません。

また、手芸の話になると話が尽きなくなり手作りの作品を見せて頂きました。

あっという間の短い時間の訪問でしたが
、本当に明るく、生き生きしている姿にこちらが
元気づけられたような気持で釜石を後にしました。

CIMG4920.JPG

 

 

運営スタッフ行事報告2015-09-30 16:36:06

平成27年度総会

 

IMG_0758.JPG

 

平成27年度総会
本連盟の第3回総会が6月2日(火)11時より横浜市の孝道山本仏殿にて開催されました。
孝道山は、人びとが仏教の精神を正しく理解し日常生活の中にとり入れることを目指す孝道教団の総本山で、今回の会場としてお借りすることができました。
まず、本仏殿(本堂)におきまして御導師・岡野鄰子2世副統理、脇導師・岡野華蓮3世副統理のもと法要が執り行われ、一同、般若心経を斉唱。
次に篠田副理事長の挨拶ののち、3世副統理よりご挨拶をいただきました。孝道教団のお教えや、子どもたち・女性たちの仏教徒としての育成に力を尽くされているお話など興味深くうかがいました。
記念撮影のあと、職員の方々に本仏殿の建築や堅山南風画伯制作の壁画について丁寧なご説明を受けました。
総会会場の大黒堂会館に移動し、昼食のあと、2世副統理よりご法話をいただきました。変化していく時代を見据えた仏教活動の在り方を常に念頭におかれ、これからの宗教はあらゆる教えや人種、心の壁を超えてゆかなくてはならない、というお言葉に感銘を受けました。
会員32名が出席、また142通の委任状提出により総会成立が宣言されました。
末廣理事長の挨拶では、来年5月、芝増上寺で行なわれる寺社フェスティバルに参加する旨の報告がありました。多くの若者に仏教を身近に感じ、より広く知ってもらうための活動の重要性が、近年とみに増してきたことに対応するためです。
議長・議事録署名人の選出に引き続き、花岡理事より26年度事業報告、事務局より決算報告、木村監事より監査報告があり、ついで役員の改選、平成27年度事業計画および予算が発表、承認され、無事閉会いたしました。
今回の総会中しばしば話題にのぼったのは直前にネパールで起きた地震についてでした。被害を受けた仏教施設などの映像は特に大きな衝撃を与えました。全仏婦でも、1日でも早い支援をするため皆様から多くの義援金をいただきました。緊急を要する、できるだけたくさんの被災者の手にわたり、有効に使われるルートで被災地にお送りしたこともご報告しました。
引き続き、総会にて選任された新役員は第8回理事会にて理事長、副理事長、常務理事の選定がなされ次の通り承認されましたのでご紹介します。(任期平成27年6月2日から2年間)
理 事 長 末廣久美
副理事長 篠田節子
常務理事 河原時子 岩脇孝子 本多端子 梨本三千代 松井百合子
理  事 小峰喜和子 花岡眞理子 大橋百合子 湯浅正江
桶屋良法 長尾節子 日比野郁皓
監  事 鈴木トヨ子 佐々木公子 木村匡成平成27年度総会
本連盟の第3回総会が6月2日(火)11時より横浜市の孝道山本仏殿にて開催されました。
孝道山は、人びとが仏教の精神を正しく理解し日常生活の中にとり入れることを目指す孝道教団の総本山で、今回の会場としてお借りすることができました。
まず、本仏殿(本堂)におきまして御導師・岡野鄰子2世副統理、脇導師・岡野華蓮3世副統理のもと法要が執り行われ、一同、般若心経を斉唱。
次に篠田副理事長の挨拶ののち、3世副統理よりご挨拶をいただきました。孝道教団のお教えや、子どもたち・女性たちの仏教徒としての育成に力を尽くされているお話など興味深くうかがいました。
記念撮影のあと、職員の方々に本仏殿の建築や堅山南風画伯制作の壁画について丁寧なご説明を受けました。
総会会場の大黒堂会館に移動し、昼食のあと、2世副統理よりご法話をいただきました。変化していく時代を見据えた仏教活動の在り方を常に念頭におかれ、これからの宗教はあらゆる教えや人種、心の壁を超えてゆかなくてはならない、というお言葉に感銘を受けました。
会員32名が出席、また142通の委任状提出により総会成立が宣言されました。
末廣理事長の挨拶では、来年5月、芝増上寺で行なわれる寺社フェスティバルに参加する旨の報告がありました。多くの若者に仏教を身近に感じ、より広く知ってもらうための活動の重要性が、近年とみに増してきたことに対応するためです。
議長・議事録署名人の選出に引き続き、花岡理事より26年度事業報告、事務局より決算報告、木村監事より監査報告があり、ついで役員の改選、平成27年度事業計画および予算が発表、承認され、無事閉会いたしました。
今回の総会中しばしば話題にのぼったのは直前にネパールで起きた地震についてでした。被害を受けた仏教施設などの映像は特に大きな衝撃を与えました。全仏婦でも、1日でも早い支援をするため皆様から多くの義援金をいただきました。緊急を要する、できるだけたくさんの被災者の手にわたり、有効に使われるルートで被災地にお送りしたこともご報告しました。
引き続き、総会にて選任された新役員は第8回理事会にて理事長、副理事長、常務理事の選定がなされ次の通り承認されましたのでご紹介します。(任期平成27年6月2日から2年間)
理 事 長 末廣久美
副理事長 篠田節子
常務理事 河原時子 岩脇孝子 本多端子 梨本三千代 松井百合子
理  事 小峰喜和子 花岡眞理子 大橋百合子 湯浅正江
桶屋良法 長尾節子 日比野郁皓
監  事 鈴木トヨ子 佐々木公子 木村匡成
 本連盟の第3回総会が6月2日(火)11時より
横浜市の孝道山本仏殿にて開催されました。
孝道山は、人びとが仏教の精神を正しく理解し
日常生活の中にとり入れることを目指す
孝道教団の総本山で、今回の会場として
お借りすることができました。

まず、本仏殿(本堂)におきまして
御導師・岡野鄰子2世副統理、
脇導師・岡野華蓮3世副統理のもと法要が執り行われ、
一同、般若心経を斉唱。
次に篠田副理事長の挨拶ののち、3世副統理より
ご挨拶をいただきました。孝道教団のお教えや、
子どもたち・女性たちの仏教徒としての育成に力を
尽くされているお話など興味深くうかがいました。
記念撮影のあと、職員の方々に本仏殿の建築や
堅山南風画伯制作の壁画について
丁寧なご説明を受けました。
 
 
総会会場の大黒堂会館に移動し、昼食のあと、
2世副統理よりご法話をいただきました。
変化していく時代を見据えた仏教活動の在り方を
常に念頭におかれ、これからの宗教は
あらゆる教えや人種、心の壁を超えてゆかなくては
ならない、というお言葉に感銘を受けました。
会員32名が出席、また142通の
委任状提出により総会成立が宣言されました。

 
末廣理事長の挨拶では、来年5月、
芝増上寺で行なわれる寺社フェスティバルに
参加する旨の報告がありました。
多くの若者に仏教を身近に感じ、
より広く知ってもらうための活動の重要性が、
近年とみに増してきたことに対応するためです。
 
議長・議事録署名人の選出に引き続き、
花岡理事より26年度事業報告、事務局より決算報告、
木村監事より監査報告があり、ついで役員の改選、
平成27年度事業計画および予算が発表、
承認され、無事閉会いたしました。
今回の総会中しばしば話題にのぼったのは直前に
ネパールで起きた地震についてでした。
被害を受けた仏教施設などの映像は特に
大きな衝撃を与えました。
全仏婦でも、1日でも早い支援をするため皆様から
多くの義援金をいただきました。
緊急を要する、できるだけたくさんの被災者の手に
わたり、有効に使われるルートで被災地に
お送りしたこともご報告しました。

 

運営スタッフ行事報告2015-06-29 20:12:53