沙羅の木 | 全日本仏教婦人連盟

沙羅の木 | 社団法人全日本仏教婦人連盟

ほっとする料理レシピ集

第2回

冬瓜汁

冬瓜は冬の瓜と書きますが、実は夏が旬なのです。暑いときにフーフー言いながら熱々の冬瓜汁をいただくのも良いし、つめーたい汁も大変美味しいですよ。

冬瓜は体熱を下げたり、利尿の効用があり、昔から多くの人が食していました。

今は、ビタミンCも豊富に含まれており、低カロリーのダイエット野菜として若い人たちに好まれているようです。

R0012585.JPG

 

【材料・4人分】
冬瓜2分の1 
椎茸付け汁300cc
干し椎茸4枚 
白だし150cc
塩小さじ2杯 
醤油少々
片栗粉大匙2杯

干し椎茸は300ccの水でもどしておきます。

冬瓜は種は包丁でワタごととりのぞき、大きめに切って皮をむきます。たっぷりのお湯で下ゆでを4,5分ほどして、ざるにあけて冷ましておきます。

冷めたら、お湯を1800ccに白だし150ccと椎茸の付け汁を入れた鍋に冬瓜と千切りにしたもどし椎茸をいれ、中火で20分ほど煮ます。

冬瓜が透明になったら塩小さじ2杯で味を整えます。

最後にもどした片栗粉でとろみをつけ、止める寸前に醤油を香りづけにいれます。

熱々の冬瓜汁を夕食に食し、残ったら冷蔵庫で冷たく冷やして朝食にどうぞ。

多忙の寺ではとても重宝してます。  (金嶺寺)

 

R0012590.JPG

 

お寺ごはんトップ